基礎学習の時間

最終更新: 2019年6月22日


「伝えたいことや確認しておきたいことはありますか」


アトリエ*スクールの朝はいつもミーティングからはじまります。



気になるご飯のメニューを質問するのは、食べるの大好きのまお。


今週の予定なども確認して、ミーティングを終えたら、基礎学習の時間。



はじめは、少しお勉強から離れていた子どもたちにとって、どれくらい集中できるかなと不安でした。


やはり、小学生の2人は集中がとぎれとぎれ。


しかし、彼女たちなりに一生懸命取り組もうとしています。


はじめは、とても手のかかる2人。しっかりと横について細やかに、励ましの言葉をかけます。


分からないことがあると、


「ねえ、教えて」と上の子に質問します。


すると、たいせいは、やさしく質問に答えます。


掛け算に躓いているまおに、九九表を作ってあげたり、問題を作ってあげたり。


くじけそうな下の子に教えながら支える存在はとても頼もしい。





教える本人も、かけ算の意味をどうわかりやすく説明するか、必死です。


こうやって、学びが深まっていきます。


まおのために、九九表づくり

貰った九九表で、九九を覚えるまお

「にいちゃんもんだい、つくって」に応えるたいせい




スタッフと上級生の伴走もあり、軌道に乗り出した2人は、日に日に集中力をあげていきます。


自分から学習に向かう姿勢が日に日に見られるようになりました。



45分を目安に設定し、時間が来たことを伝えますが、


「ここまではやり遂げたい」


「もっとやる!」


みんなやめようとしないのが、日常の光景となっています。






やる内容も、やる順番も、やり方も、自分で決めた学習。


「今日はこれをやろうよ」


という声かけは、一切しません。


しかし、一人ひとりが、自分の学習のことをちゃんと考えています。




自分で自分自身の学習を計画しながら、自分のペースで黙々と取り組む。


ときに、緩やかな学び合い、励まし合いをしながら。



ずっと見守り、サポートしていきたいなと思います。

31回の閲覧
 
  • Facebook
  • Instagram

©2019 by 熊本サドベリースクール(学び舎 あとらぼ). Proudly created with Wix.com