運動遊び

「体をおもいきり動かしたい!」




それは、子どもたちの自然の欲求。


立幅跳びに


馬飛び



スラックラインからの陣取り




子どもたちは、日常的にそんな運動遊びを楽しみながら、自然と体を動かしています。


「そとらぼ、どこ行こう?」の話し合いで、


最近人気の行き先は、屋内プールと体育館。



雨の影響を受けずに存分に運動ができます。


平日のプールや体育館は、けっこう空いていて、


おまけに、おじさんやおばさんは、子どもたちにやさしい。




中でも、子どもたちに人気なのはやはり鬼ごっこ。



せっかく、体育館なので、ボールや道具を使う運動などいろいろやらせたくなる とむ。


ですが、元体育教師の血が騒ぐのをグッとこらえます。




しかし、鬼ごっこは、万能です。とうか、最強です。



思いっきり汗をかきます。「追いかけられる」という興奮でアドレナリン全開。


心も体も発散します。




いろいろな道具を使わずにできます。


当事者が自由にルールをアレンジできます。




その上、さまざまなスポーツの基本になるような、いろいろな動きがぎっしり詰まっています。


鬼になった子も、どうしたら捕まえられるか頭を使います。


体のかわし方、フェイント、動きのメリハリや目線と違う体の動きなどを工夫し、相手との駆け引きを楽しみます。




ハアハアと肩で息をしたり、しゃがみ込んだりするほど過酷(笑)な運動なのに、子どもたちは止めようとしません。


子どもたちはそれら(鬼ごっこに詰まった楽しさ)をよく知っているのです。



鬼になったら声に出して10数える、個々を踏んだら黄色の線内に全員が入る。鬼は1回しかそれを使えない。鬼の得点は3倍にする、などなど、


誰かが、より楽しくなるためにその都度、思いついたアイディアを提案します。


そこから話し合いを通して合意形成が行われ、調整をします。




「コート鬼」(コートの線を出たらダメ)、


「線鬼」(線の上だけ進める)、


「線ダメ鬼」(体育館のコートにあるいろいろな色の線を踏んだらダメ)、


宝運び鬼(体育館シューズを自分の陣地に運び入れる)、、、


この日も2時間鬼ごっこのオンパレード。しかも、体育館だから楽しい鬼の遊び方。

子どもたちは、よくわかっていますね。たっぷりと汗をかきました。



子どもたちは、江津湖や近くの公園など野外でもいろいろな鬼ごっこをします。


ドロケイ、色鬼、高鬼、カンけり、だるまさんがころんだ、重なり鬼、しゃがみおに、雷さま、げたかくし、、、など



あとらぼの子どもたちの創造性や社会性は、運動遊びを通しても育っています。

48回の閲覧
 
  • Facebook
  • Instagram

©2019 by 熊本サドベリースクール(学び舎 あとらぼ). Proudly created with Wix.com