豆まきからの~♪ 

立春を迎えましたね。


最近では、梅の花にメジロがとまるのを近くでよく見かけます。




ところで、みなさんのところでは、豆まきをしましたか?


あとらぼでも、豆まきをしました。


今年は、例年の「鬼は外」でなく「鬼も内」で('◇')ゞ



豆まきの後、部屋中に散らばった豆を片付けるのが一苦労ですね。


今年は、「鬼も内」だったので、いつものようには飛び散らず、助かりました。



子どもたちはというと、


拾い集めて、シャワーのように豆を浴びる子。


口に投げて食べ出す子。


豆を注意深く見ながらいじる子。


やっぱり口に入れる子。


数え出す子。


思い思いに一通り豆まきを楽しんだ後は、やはり・・・



1人が食べ出すとみんなも。一旦食べ出すと止まらない(;'∀')




すると、拾い集めるみんなに静止を訴え、均等に皿に分けだす子が現われます。



ここで、すかさず、タイミングを見計らっていた とむさんから、子どもたちへ出題。

とむ:豆を3個ずつお皿に分けました。お皿は4枚あります。全部で豆は何粒あるでしょう?


子A:「3+3は、6。6が2つで、12。」


子B:「3+3+3+3だね」


子C:「3が4つだから、3×4」


子B:「そうだね。”さんしじゅうに”だ!」



とむ:4×3とはどう違うの?



子B:「4個が3皿じゃないもん」


子C:「3粒が4皿だから」



とむ:そうだね。じゃあ、1皿に4個ずつだったら?



C子:「4×5だから、20!」



いいね!じゃあ、8粒ずつだったら?



子A:「8×5だ」


子A:「ええっと・・・」


子B:「40!」




じゃあ、こうなると?



子:ええっと、


子:うんと~



一生懸命数え出す子。


「9が、1,2,3・・・」


「9が9個だ!」


「ピーナッツは、7が2つ!」




近くにいた、上級生に式を言ってもらって~


9×9+7×2=81+14=95 


低学年の子どもたちは、「へえ、そうかこう書くのか~」という顔。



その後は、子どもたちの作った問題が飛び交いました。


これぞ、算数的活動。


ちなみに、子どもたちからはじめに、今日の「かず・かたち」何するの?と聞かれ、


とむさんの返事は「ちょっとね、あることをしようと思ってね」




「これで、今日の「かず・かたち」を終わりま・・・」


「あ!?」


あとらぼでは、こんなふうに遊びを学びに。学びを遊びにしています。




★★★★今週のあとらぼ★★★★



今週の「ことば・ぶんか」は、日ごろ多く行っている読書やネパールの子との交流を一旦お休みして、ゲーム的な要素を。


「古今東西」ならぬ、「古今南北」。


トラップWordを考え、リタイヤした子からも「ドボン」が飛んでくるので、スリル満点。


リズムに合わせて言うこともとても難しいけれど、みんなは次第に速いスピードにも慣れてきました。


ちなみに、お題は、お菓子の名前(商品名・固有名詞)、都道府県の名前、国の名前。


特に、国の名前は盛り上がりました。


終わった後、それぞれの都道府県の特産物に興味をもち始めた子。じっと眺めては、一人で声に出して読んでいました。



固有名詞という文言を知ったり、都道府県や国名を覚えるきっかけになったり。


遊びといえども、侮るなかれ。




今週のそとらぼは、下江津湖。

草そり(*^^)v



女の子からはじまったサッカー(*'▽')


最近ブームになっているバードウォッチング。



あれは、きっとこの鳥かな?



この日は、ある子が大きな大根を持ってきてくれたので、大根を使った料理をあれこれ考えた末に、男子2人がつくったメニュー。

大根の和風パスタ。ニンニクと玉ねぎとツナと黒コショウとの相性が抜群。

相変わらず、スライム研究所の3人。



今回のミニプレゼンは、先週に続き「気候変動について」。


低学年の子どもたちも、自分にできることを問われ、真剣に答えます。




近くの公園での遊びは、最近は、「田んぼの田」という鬼ごっこが流行っています。


公園に落ちているゴミを拾い集めたら、こんなに!?


みんなで、機会を見つけては拾っていますが、少し汚れるペースがはやいような。


これからもきれいにしていきたいと思います。



今回も最後まで読んでくれてありがとうございました。

45回の閲覧

©2019 by 学び舎 あとらぼ. Proudly created with Wix.com