看板プロジェクト進行中


子どもたちが手にしているのは、ペットボトルキャップ。


何に使うかって?


そう、熊本サドベリースクールの看板に使います。




あとらぼ(熊本サドベリースクール)では、現在数個のプロジェクトが進行中。


その一つが、看板づくり。



どのような材料でどうやって作るか、


みんなでアイディアを出し合います。



針金案、木片案、板にペンキ案、、、


風雨、日光に耐えうる素材で、素敵にできないか、、、。




そしてある子が出した、ペットボトルキャップ案。


ナイスアイディア。


廃材を使う。身の回りにある資源で。


これは、パーマカルチャーの考え方にも通じます。




ということで、キャップ集め。


どうしたら集まるかを考え、近所の方に協力してもらうことに。



プロジェクトチームで、チラシをつくります。



定規とカッターナイフで、余白を切ります。


使い方が分かれば、けがしません。



できたチラシを手に、ご近所を回る子どもたち。


あっという間に20部のチラシがなくなりました。


帰ってきた後の満足そうな子どもたちの手には、


既に袋いっぱいのキャップが。



「親切なおばちゃんが、くれた」


「〇〇おじちゃんがくれたよ」




そして、回収ボックスをセット。



見るたびに、カゴに新しいキャップが入れられています。


ご近所のみなさん、あたたかい。


ご協力ありがとうございます!



どんな看板になるかは、お楽しみに♪





ちなみに、これも子どもの作品。(少しだけ手伝いましたが)






まだまだ、プロジェクトはつづく・・・。

24回の閲覧
 
  • Facebook
  • Instagram

©2019 by 熊本サドベリースクール(学び舎 あとらぼ). Proudly created with Wix.com