江津湖ハイク 

最終更新: 2019年12月10日



江津湖は訪れるたびに、いろいろな表情を見せてくれます。


熊本市民の憩いの地、江津湖。あとらぼの子どもたちにはお馴染みの場所です。



県外の方からは「火の国」として知られる熊本は、実は「水の国」でもあるんです。



阿蘇などの山々の伏流水が県内各地で湧き出ていて、水汲み場がいくつもあります。


全国の政令指定都市の中でも、市内の水道水が100%地下水のところなんて熊本だけのようです。



実は、あとらぼで使用している飲用水も、車で汲んできた天然水で、とっても美味しいです。



そして、行き市内中心部からほど近い江津湖は、湧水によってできた湖。


特にいつも水遊びをする場所は、どんどん地下から湧いていて、とても綺麗です。




今日江津湖デビュー(?)のこっちゃんは水のきれいさに大はしゃぎ♪




「夏場凍るくらい冷たい湧き水。12月にもなればそれはさぞ冷たかろう」


子どもたちも私もそんな予想を立てて、水を触ると、


「あ、あれ?」


「あったかい!?」


まるで人肌。驚きです。なぜなんだろうね。




たくさんの水生の動植物も、渡ってきた鳥たちも、心地よさそうです。


野鳥観察♪


今日は上江津湖から下江津湖へ。


「見てみて、真ん中が空っぽの木。」


「でも、ちゃんと生きているよ。」


「な~んでだ?」



・・・木育インストラクターとしての顔がちらつくスタッフとむ。



「これ、女の子。これ、男の子、これも女の子、これは男の子・・・」


「え?なにそれ?」

「えー知らないの?イチョウにも男と女があるんだよ」


「勉強になります!(;'∀')」


切り込みの鋭いイチョウの葉っぱ(ザ・男)を拾い、みんなでその子が言いそうな一言を想像しながら歩きます。


みんなの笑い声が溢れました。



白くてかわいい木の実に、丸くてかわいい小さな鳥たちが。


このハートの形の実。葉っぱの形と一緒!


もぐらの穴を踏んでみたり、浮いている水草をひっくり返して遊んだり、

何か虫の巣を発見したり、途中でゾウやキリンを見たり(動物園と隣接してます)、

お散歩のワンちゃんをなでさせてもらったり。


好奇心旺盛なこっちゃんにみんなの世界も広がります。



指でボロボロと簡単に砕ける石で遊んだり。


砂に枝でお絵かきしたり、まつぼっくりやどんぐりや木の実を拾ったり。


豊かな自然の中でたくさんの発見♪


道草を楽しむハイキング。



目的地の広木公園では、エビを捕って遊んだり。


観察しては、「バイバ~イ」と言ってリリース。


決してむやみに持って帰ろうとしない子どもたち。



草滑り。

みんなの歓声が広い公園に響きました。




★★★今週のあとらぼ★★★


今週後半のあとらぼは、家の用事やインフルエンザなどで、お休みが多く、特別あとらぼに。


ブロックアワーでクリアする課題は、それぞれが進める。

探究学習で計画に沿って進める。

ご飯は自分でつくる。

ランチ当番の特別メニューは、予定通り。

日記と掃除だけはいつも通り。

中日は、少し足を延ばしてお出かけする。


ミーティングで以上のことを確認したら。


自分たちがそれぞれでデザインする3日間。








自分たちでそれぞれ自主的で自立的に取り組んでいました。

すごい!子どもたち。



★★★★★★★



私たちと一緒に学びませんか。


あとらぼでは、仲間を募集しています。

みなさまからの入学やご寄付等に関するお問い合わせ、お待ちしております。


最後までお読みいただきありがとうございました♪

28回の閲覧

©2019 by 学び舎 あとらぼ. Proudly created with Wix.com