大きな段ボールから

最終更新: 2019年6月25日

ある時、まおとめいが、大きな段ボールの中に入り「くるま~」といって遊んでいました。


かと思いきや、奧の部屋からなにか話し声が聞こえてきます。


耳をそばだてて聞いてみると、


「あ~いいね!それは、すごくいい!!」


「それでね、こんなのも思いついたよ」



どうやら、車にいろいろと取り付けることにしたみたいです。



作戦会議は続きます。



「ああ!なるほど。あ、それならこれはどうかな」


「ん! あ、思いついた!すごくいいアイディア思いついたよ」


「いいね!」


二人は白熱しています。



「今から言うこれもすごくいいと思うよ。あのね、…」


「おお!!いいね!そうしよう」


「それから、・・・」


「それもいいけど、こんなのはどう?持ち手は、…」


「それなら、こうしない」


作るものとそれぞれの素材や構造について、話し合っています。


2人の意見が折り重なっていき、構想が固まっていくのが見て取れました。


そして、高いテンションのまま居間に出てきた二人。


さっそく取り掛かります。


楽しそうに作業に打ち込んでいる二人を見つつ、


「こうすると回せるようになるよ」


などとラップとトイレットペーパーの芯を示してみると、二人はその案を採用。




穴の開け方とカッターの使い方を教えると、



はじめは「こわ~い」と言って恐る恐るだったまおも


夜もダンボールに向かってひとりで練習しています。

やっていくうちに、切り込みを円の線上で止めるということをつかみ、


そのころには、カッターも上達しています。



「どうしたら、回るかな…」可動式のレバーがいつの間にか完成しています。


竹串を軸に滑らかに動く装置は、我ながら満足だったようで、一時の間ずっと回していました。


「タイヤに色を塗ろう」っと

車体もカラフル。


めいは「虹色ぐるま」と命名しました。


羽がパタパタと動いて、空も飛べるそうです。


また、あくる日も制作にかかります。


まおは、竹串の軸をメーターにも応用。


「丈夫なシートは、段ボールを巻けばできそうだ」


作業に取り掛かって、何日目でしょうか。


再びスイッチが入った様子。



「ちょっと持ってるから、ここにガムテープを張って」


この日は、手伝いを頼まれるたいせい。


同じ目的に向かって取り組む二人。




頑丈なシートの完成。



「よし、大きさと位置はこの辺でいい感じ」


「アクセルとブレーキはこんなんでどう?」


いつの間にか、たいせいも参戦。

「うん、潰れない。これでよし」


椅子の強度を試すめい。


まだまだ、この小さなプロジェクトは続くようです。




 
  • Facebook
  • Instagram

©2019 by 熊本サドベリースクール(学び舎 あとらぼ). Proudly created with Wix.com