できることから

最終更新: 2月22日




子どもたち、何をしているところでしょう?



そうです。段ボールで、生ごみコンポスト。


気候変動について、意識をもっている あとらぼ生たち。

2℃以上の気温上昇を食い止めるためには、今年がラストチャンス。

できることは何かと、自分たちなりに考えて、みんなで一緒に取り組んでいます。


節電やごみの分別を今まで以上に気を付ける。牛肉を控える。買い物では地球によいものを選ぶ。レジ袋をもらわないなどなど、、。


市街地にある あとらぼですが、小さなできることから。




今回は、生ごみを肥料に変えるコンポストづくりに挑戦しました。


材料は段ボール、新聞紙、ピートモス、もみ殻燻炭、以上。



ここで、算数のお勉強。


作り方は、ピートモスと、くんたん。それぞれ15㍑と10㍑。


でも、今日は、もう少し多い量を作りたいんだ。

 

それで、くんたんを20リットル用意したよ。


じゃあ、ピートモスは何リットルいる?



「あ、3:2だ」


とUpper Classの子が言うと、


「そうだね!」


「うん、うん」


日頃から料理作りやスライム作りをやっているからか、Lawer Classの子たちも、小学6年生の教科書に出てくる内容も感覚的にわかるようです。



「何対何」って言ったね。これは、「比」っていうよ。



で、右と同じ数だけ、左にもかけるといいんだよ。



「・・・(考え中)」


「分かった!30リットルだ!」



くんたんを入れていくうちに、段ボールが意外といっぱいになってきた。


変更!16リットルにするね。じゃ、ピートモスは何リットル必要?



子どもたちも、必死。考えて数値が出ないと、作業が止まるからです。


容赦ないスタッフとむですが、子どもたちにとってこれが、生きた学び。


机上だけでない、体験を通した学び。


あとらぼ流の学びです。





さて、次の日。

子どもたちが、昨日来ていなかった友だちに、説明します。


なぜコンポストを作るのか、それでどのような効果があるのか。



一応、前の日に出した試算によると、


上手くいけば、年間約240kg(試算)のゴミを削減することにつながりそうです。



「240㎏…?」 「とむさん何人分?」

子どもたちの質問がいいですね。 僕の体重は、約60㎏だよ。ってことは?



「んんと?ろくいちが六、ろくに十二、…」


「4人分!」


「ああ!(納得の表情)」


「(式は)240÷60だね」



「私、30㎏だから、私の、、、」


「8人分だ!」




そして、これ一つが10㎏だよ。(水10㍑↓)



「お、重い💦」



これが、何個分?


「24個だ」


こうした体験を通して、子どもたちが重さや量を実感し、数量感覚を身につけられたらなと思っています。


そして、一つ一つですが、子どもたちとともに、地球のためにできることを増やしていきたいと思います。



★★★今週のあとらぼ★★★




そして、


BEFORE


AFTER


コンポストの台のでき上がり。




今週のそとらぼは、宇城市松橋にある、博物館ネットワークセンターへ。


お目当ては、「レンズでのぞこう!植物の世界展」。







とても工夫された展示で、子どもたちも夢中。カメラ機能で楽しめる仕掛け(学芸員さんの手づくりなのも凄い)がたくさんあります。


植物の生存のための知恵が、ミクロの世界で明らかになり、感動ものでした。


おすすめでーす!みなさんも、ぜひ足をお運びください(^^)


今月末は、あとらぼでイベントがあります。



体験授業でも、ミクロの世界を覗きます。自然や宇宙の神秘、自然科学の入り口に、子どもたちを誘いたいと思います♪ ぜひ、いらしてくださいね♪詳しくは、こちら↓


https://314b47ac-dc63-4126-961e-d5d6fdac0b51.filesusr.com/ugd/2e0335_a44df81596ca4377b3d3bec2732fbe5c.pdf

参加はこちらからも↓ https://www.atelier8school.org/blank-5 今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

109回の閲覧
 
  • Facebook
  • Instagram

©2019 by 熊本サドベリースクール(学び舎 あとらぼ). Proudly created with Wix.com