ある子の創った新たな遊び

最終更新: 9月15日

「スマホ鬼ごっこ」と「スマホかくれんぼ」.



みなさんは知っていますか。


私は知りませんでした。それもそのはず。


この日のある一人の子の着想から、それは始まりました。




あとらぼでは、スマホやタブレット(親の前使っていた機種)を持ってくる子が多いのですが、


ある子が、突然セロハンテープに色を塗り、それをスマホに貼ってカメラを向け始めました。



それが、赤やら青やら、何やら少し不気味な世界に変わるとわかって、


みんなも楽しみ始めました。



みんなであれこれ試して、


黄色はあまり変わらないとか、


虹色も普段と同じとか、


実験(=遊び)が始まりました。




そのうち、「かくれんぼしよう」と誰かがみんなを誘いました。


すると、「スマホでしない!?」と、ある子。


みんな、「え?」「ん?」「・・・?」


「スマホで撮られたら見つかったってこと」


「なるほど、おもしろそう!」


「やろう!」「やろ~」







見つかっても、パシャリとカメラに収まるまでの間で逃げられるので、


いつものかくれんぼとはだいぶん違います。


みんな大興奮。





「これで鬼ごっこもしようよ!」


また、ある子が提案します。

 



「近くなのに、なかなか捕まらない(笑)」



”何かと何かを組み合わせると、新しい何かになる。そして、それがおもしろい。”


自分たちで創作した遊びを通じ、体験として、そんな大事なことを学んだ子どもたちでした。




一通り、遊んで、次は伝承遊び「田んぼの田」。



これは、これで、やっぱり盛り上がる♪


41回の閲覧
 
  • Facebook
  • Instagram

©2019 by 熊本サドベリースクール(学び舎 あとらぼ). Proudly created with Wix.com